料金表

ryoukinhyou

1.出願時の費用は次のとおりです

ファーイースト国際特許事務所の料金はシンプルです。「成功報酬預かり金」とか「電子登録料料」など、格安の手数料とは別に費用名目を変えて課金するようなことは一切ありませんので、ご安心ください。


20160401fee_table_1

2.審査合格後の登録時の費用は次のとおりです

審査に合格した後は、特許庁に商標権の登録に向けた手続を行う必要があります。5年分の登録と10年分の登録の二つのパターンがあります。

商標権の制度は自動車の運転免許の制度と似ていて、権利が失効する前に更新手続を行うことにより、権利の更新が可能です。


20160401fee_table_02
20160401fee_table_03

3.事前の商標調査費用が無料

せっかく商標登録出願をしても、先に類似の商標が登録されている場合には登録を受けることができず、商標登録に要した費用がムダになる可能性があります。出願前にはこのような他人の登録商標が既に存在するかどうか確認することをおすすめします。

ファーイースト国際特許事務所に出願を申し込まれる場合、商標調査は無料です!また調査の結果、出願されない場合でも調査費用はいただきません。

4.キャンセル料、違約金の設定なし!

商標登録出願後にお客さまの都合により、出願を取りやめたい事情が発生することがあるかも知れません。たとえば、商標権を使用する予定であった商品の開発が取りやめになった場合などです。

ご安心ください。この場合でも、キャンセル料や違約金などの追加請求はありません事務所費用は全額お返しします。ただし、すでに特許庁に対して納付した特許庁印紙代のみご負担をお願いいたします。

*私どもはプロですので、審査に合格した後は事務所費用が発生します。このためキャンセルされる場合は出願を取り下げることのできる合格通知がくる前に至急のご連絡をお願いいたします。

(1)一部登録、一部不登録の場合の取り扱いについて

たとえば、一つの商標について三つの商品区分を指定して商標登録出願し、二つの商品区分について商標登録となり、残る一つの商品区分について登録されなかった場合についてご説明します。

上記の場合には登録にならなかった一つの商品区分に対する事務所手数料と特許庁印紙代は返金保証の対象となります。つまり、実際にお振込いただいた三つの商品区分の分から登録された二つの商品区分の分を差し引いた金額を返金します。余剰のご負担は生じません。

(2)登録の見込みのない商標登録出願の扱いについて

商標登録出願を行っても特許庁で商標登録されるかどうか、微妙なラインにあるグレーゾーンの出願があります。登録の可能性が低いとファーイースト国際特許事務所が判断した場合には、商標の見直しをお願いすることがあります。

しかし、どうしても商標登録出願を行いたいという場合には、もちろんご要望にお応えいたします。

ただし、商標登録されなければファーイースト国際特許事務所の取り分は返金いたしますが、すでに特許庁に納入した特許庁印紙代は返金の対象にならないことをお含みおきください。


4.その他の費用について

ファーイースト国際特許事務所では、出願前に十分な検討を行うことで、特許庁から拒絶理由通知(登録を拒絶する旨を示した書類)がくることのないようにつとめています。しかし、それでも特許庁から拒絶理由通知を受けた場合には、ここまで紹介した以外に、以下のような費用が発生します。

hokanohiyou

20160401fee_table_04
20160401fee_table_05

審査官の拒絶理由通知の対応は、軽微なものは無料で対応します。またファーイースト国際特許事務所では審査官の対応費用の上限を定めていて、上限は66960円(消費税込み)になります。もちろん、審査に合格できない場合には、審査官の対応費用も含めて返金いたします。

(*注意:裁判所に対する不服申立に関する代理手続費用は返金保証の対象外です)

詳細については、別途お問い合わせください。お問い合わせ・お見積もりに料金は一切掛かりません。

[ご注意]
* 事務所手数料の請求からは源泉所得税分が差し引かれます。
* 上記料金は日本国内からの依頼に対応するものです。海外からの依頼または海外への依頼については別途個別対応になります。


5.審査に合格できなければ、ファーイーストの取り分はゼロ

審査不合格の際には、ファーイースト国際特許事務所の取り分は例外なくゼロ円です。

コメント

Website Protected by Spam Master


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)